小児歯科

子どもたちの成長の手助けに。

口の中の健康を維持し、しっかり食べられる子どもたちを育てていく。
そのために生活習慣を正しく良い方向に導いていくのが一番大事ではあります。
ただそれ以外にもしっかり鼻で呼吸して正しい口腔内環境を作るのもとても重要な事です。

早期発見、早期治療。

もし小さい頃から虫歯があれば、程度や状態により治療が必要になります。
鷹ノ巣歯科室では小児治療を積極的に行っています。
無痛治療という言葉もありますが、歯科治療は基本的にはいやなものです。
麻酔が効いていても振動や音、口の中に器具を入れられる嫌な感じ、こういったもので子どもたちはいやがり泣いてしまいます。
小さい子どもたちの歯科治療は難しいものですが、トレーニングを行えばしっかり処置は行えます。
私は保護者の方々には「痛くないとは言わないけど、子どもたちは頑張れます。」と話しています。
緊急を要する場合はトレーニングの時間が取れず、強制的な治療になる事もありますが、
それでも子どもたちは頑張れます。処置が終わったらいっぱい褒めてあげてください。

噛み合わせについて

子どもたちの噛み合わせは成長によって様々に変化していきます。
最初は気になる歯並びだったのに気がついたら問題ない状態だったり、その逆も然りです。
年齢や成長具合により治療介入のタイミングは治療法により異なりますが、より良いものを選択していければと考えています。
鷹ノ巣歯科室ではいわゆる通常の矯正(ブラケットを用いたもの)は行っておりませんが
必要な患者様には提携している矯正歯科に紹介を行っています。

床型咬合誘導装置

子どもたち、一人一人のお口に合わせて作る装置です。
顎の横幅を広げて歯の大きさと顎の大きさのバランスをとるようにします。

マルチファミリー

上下の顎のバランス改善、主に下顎が後退している状態を改善します。

ムーシールド

上下の顎のバランス改善、下顎が前突(受け口など)している状態を改善します。

© 2021 鷹ノ巣歯科室